三田

  • 印刷

 神姫バスは19日から、神鉄フラワータウン駅前(兵庫県三田市)と東京・新宿を結ぶ夜間高速バスの運行を始める。同社などによると、三田-東京間の高速バス路線は他社も含めて初めて。新名神高速道路の開通で三田経由の新路線が可能になったという。

 同社と京王バス東(東京都府中市)が姫路-東京間で共同運行する「プリンセスロード」で、フラワータウン駅前バスロータリー(三田市武庫が丘7)に停留所を設ける。三田と新宿を7時間半で結ぶ。

 計画では、姫路駅を毎日午後9時半に出発。10時に加古川、11時10分に三宮に停車し、新神戸トンネルや六甲北有料道路を経て同55分にフラワータウンに到着する。神戸三田インターチェンジから中国道、新名神、東名高速を通って渋谷には翌朝午前6時55分、新宿に同7時25分に着く。東京発の便は新宿を午後10時半に出て、翌朝5時55分にフラワータウンに到着する。

 大人片道運賃は曜日によって変わり、8千~9200円。インターネット予約限定の「早割」を使うと、最安値は片道6600円となる。神姫バス営業課は「新名神の開通で三田回りのルートを作ることができた。新たな顧客を呼び込みたい」とする。

 座席の予約を受け付けている。同社高速バス予約センターTEL0570・048920

(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ