三田

  • 印刷
緑あふれる三田の風景を歌と金管楽器で奏でる三田ジュニアバンド=フラワータウン市民センター
緑あふれる三田の風景を歌と金管楽器で奏でる三田ジュニアバンド=フラワータウン市民センター

 小学1~6年生17人でつくる吹奏楽団「三田ジュニアバンド」の定期演奏会が17日、兵庫県三田市武庫が丘7のフラワータウン市民センターであった。県政150周年を記念し、三田の豊かな自然を歌ったオリジナル組曲「三田とともに」など9曲を披露した。

 バンドは毎週土曜、主宰の戸田典子さん=同市=らが指導している。オリジナル曲は、三田の魅力を伝えようと県の支援事業を活用。地元の作詞家、高浜慎さん(70)=同市=と妻の奈緒子さん(68)が作詞作曲を手掛けた。

三田の最新
もっと見る