三田

  • 印刷
満開のソメイヨシノの隣でじっと開花を待つヤエザクラ=三田市西野上
拡大
満開のソメイヨシノの隣でじっと開花を待つヤエザクラ=三田市西野上

 春らんまん。武庫川河川敷の約25キロ区間に桜が連なる兵庫県三田市の「武庫川さくら回廊」は今が盛りだ。なのに、ピンク色に染まった満開の並木道に数本、花を付けない寒々しい木があるのを見つけた。ここだけ散ってしまったのかな?。

 この桜並木は、県が1991~2000年に整備し、三田には約5千本が植えられた。事業は「ふるさと桜づつみ回廊」とし、瀬戸内海から日本海までの川沿いを桜でつないだという。

 市観光協会に尋ねると、さらっと教えてくれた。「ほとんどソメイヨシノですが、新三田周辺はヤエザクラが交じっているんです」

 なぜソメイヨシノに統一しなかったのだろう。県によると、00年に事業を終えて資料がなく、理由は分からない。ただ、確かに管理する桜木の中には、少しだけヤエザクラに加え、今が見頃のヤマザクラもあるという。

 謎は残るが、元気でほっとした。ヤエザクラはソメイヨシノが散った後、遅咲きで人々を楽しませてくれる。

 三田の春はまだ続く。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ