三田

  • 印刷
そっと赤ちゃんの手に触れる生徒=富士中学校
拡大
そっと赤ちゃんの手に触れる生徒=富士中学校

 赤ちゃんと触れ合うことで命の大切さを考える授業が26日、兵庫県三田市富士が丘3の富士中学校であった。生後6カ月~2歳2カ月の乳幼児と母親の親子11組が訪問。3年生95人が育児の体験を聞き、交流を楽しんだ。

 家庭科の授業で、子育て中の母親らでつくるNPO法人「ママの働き方応援隊」が協力した。授業は計3回あり、初回の26日は、生徒たちが「自分がどれだけ成長したか」を考えた。

 グループに分かれた生徒は、赤ちゃんを抱いて「ふわふわ」と喜んだり、手足の大きさを自分と比べたり。言葉で意思を示さずに泣く赤ちゃんの気持ちを考えながら接する母親の大変さも教わった。

 3組の男子生徒(14)は「自分の親も苦労して世話してくれてたんだと分かった」と感謝の気持ちを新たにしていた。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ