三田

  • 印刷
虫取りをする子ども(有馬富士自然学習センター提供)
拡大
虫取りをする子ども(有馬富士自然学習センター提供)
標本の絵を描く子ども(有馬富士自然学習センター提供)
拡大
標本の絵を描く子ども(有馬富士自然学習センター提供)

 虫取りや標本作りを通して昆虫に親しむイベント「ムシざんまい!」が27日、有馬富士公園休養ゾーンと三田市有馬富士共生センター(いずれも兵庫県三田市尼寺)で開かれる。有馬富士自然学習センターや県立人と自然の博物館(同市弥生が丘6)でつくる「休養ゾーン活性化推進事業実行委員会」が中心となって初めて企画した。

 同ゾーンの大芝生広場などで、同センターの職員と一緒に午前10~11時▽午後5~6時▽午後7時~9時の3回に分けて、バッタやコガネムシ、テントウムシを捕まえたり、ライトトラップに集まった昆虫やセミの羽化を観察したりする。

 共生センター内では、標本や見つけた虫の絵を描くコーナーがあるほか、小学3~6年限定で捕獲したり持参したりした虫で標本を作る体験ができる。

 午前10時~午後9時。標本作りは参加費300円で、17日までに住所、名前、年齢、電話番号を記して有馬富士自然学習センターにファクスなどで申し込む。応募が20人を超えた場合は抽選する。同センターTEL079・569・7727、ファクス079・569・7737

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ