三田

  • 印刷
棋士の経験を独特の口調で語る加藤一二三九段=市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
棋士の経験を独特の口調で語る加藤一二三九段=市総合文化センター・郷の音ホール

 「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋の加藤一二三九段(79)の講演会がこのほど、三田市総合文化センター・郷の音ホール(兵庫県三田市天神1)であった。63年間の棋士人生の思い出を交えながら、中原誠16世名人との熱闘や自身の最年少プロ棋士記録を破った藤井聡太七段とのエピソードを約300人に語った。

 「さとのね七夕フェスティバル」の一環で同ホールが招いた。加藤さんは1954年、当時最年少の14歳7カ月で四段昇段を果たし「神武以来の天才」と呼ばれた。おととしの「第30期竜王戦」で引退。歴代3位の通算1324勝を挙げた一方、敗戦数も1180で歴代最多を記録している。この日は「負けから学ぶ」をテーマに講演した。

 73年の「第32期名人戦」で中原名人に4連敗して以降、連敗が続くも「自分が弱いわけではない。いつか名人になれる」と楽観的だったという。9年後の名人戦で再び中原名人と対戦し3カ月半の熱戦を展開。終盤に劣勢の中で詰みを見つけて念願の名人の座を奪ったとし、「一手の間違いが負けにつながる。改めて勝負の世界の厳しさを感じた」と振り返った。

 藤井七段については加藤さんとの初対局で勝った後、「加藤先生がチーズを食べる姿がかわいらしい」とコメントしたことに触れ「大先輩にかわいらしいとは驚いたが魅力的な人だと思った」。さらに藤井七段が日々将棋を研究しているとし、「私は天才だが彼は秀才」と語って会場の笑いを誘った。

 長年の経験上、対局中に考え抜いた手よりも直感的な一手のほうが勝ちにつながったとし、「ひらめきをおろそかにしてはいけない」と勝利の秘けつを伝授。小学4年のころ父親から詰め将棋の本を買い与えられて勉強を始めたといい、「将棋には作法があり、ただ打っていても上達しない。しっかり本を読んで学んでほしい」と子どもたちにエールを送って締めくくった。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ