三田

  • 印刷
氏子らによって奉納された勇壮な獅子舞=三田天満神社
拡大
氏子らによって奉納された勇壮な獅子舞=三田天満神社
ダイナミックな動きを見せるてんぐと獅子=三田天満神社
拡大
ダイナミックな動きを見せるてんぐと獅子=三田天満神社
剣の舞で厄払いするみこ=三田天満神社
拡大
剣の舞で厄払いするみこ=三田天満神社
そろいの浴衣で笛を吹く男性=三田天満神社
拡大
そろいの浴衣で笛を吹く男性=三田天満神社

 無病息災や五穀豊穣を祈る「天神祭」が25日夜、三田天満神社(兵庫県三田市天神3)であった。旧市街地の4地区の氏子らが勇壮な神楽を奉納し、浴衣姿の家族連れら約500人でにぎわった。

 三田の夏を代表する祭りで、毎年7月25日に開かれる。約200個のちょうちんで参道や境内が照らし出されるため「ちょうちん祭」の愛称でも親しまれている。

 この日の夕方、北、西、南、寺村地区の氏子らが各地区の神社を出発。ちょうちんを手にした子どもたちを先頭に同神社に向かって地域を練り歩いた。境内では太鼓と笛のおはやしに合わせて勇ましい獅子舞を見せた。拝殿ではみこが、鈴・剣・胡蝶の舞で参詣客の健康長寿や家庭円満を祈願した。

 家族や友人と訪れた三田小学校2年の男児(7)は「獅子が迫ってくるようですごく格好良かった。大人になったらやってみたい」と話した。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ