三田

  • 印刷
入江貢氏
拡大
入江貢氏

 7月の兵庫県三田市長選で再選を果たした森哲男市長が、24日で任期満了となる入江貢副市長(68)=同市=を再任する方針であることが19日、関係者への取材で分かった。既に複数の市議に説明を始めており、市議会定例会初日の23日に人事案を提出する見通し。任期は4年間。

 入江氏は1951年生まれ。74年に同市役所に入り、総務部次長や財務部長、企画財政部長などを歴任した。

 2012年3月に定年退職し、県の嘱託職員として勤務していたが、15年8月に就任した森市長に請われて副市長となった。森市長の阪神北県民局長時代に、入江氏が市の企画財政部長(当時)を務めるなど交流があったという。副市長就任後は、子ども医療費助成の縮小など、行財政改革を進める森市長を支えた。

 森市長は7月の市長選で、1期目の4年間に浮上した市政の課題として、財政再建や市民病院の再編、地域コミュニティーの再生などを指摘。今後も継続して取り組むには入江氏が適任として、再任する方針を固めたとみられる。

 一方、議会や市職員との調整能力など、入江氏の手腕に懐疑的な見方も市議会の一部にはあった。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ