三田

  • 印刷
中兵庫信用金庫の足立厚郎理事長(左)から車いすを受け取る三田市の森哲男市長(中央)=同信金三田本部
中兵庫信用金庫の足立厚郎理事長(左)から車いすを受け取る三田市の森哲男市長(中央)=同信金三田本部

 中兵庫信用金庫(本店・兵庫県丹波市)は1日、車いす計761台を、営業拠点がある9市町に寄贈した。創立50周年の記念事業で、一度にこれだけ多くの車いすを贈るのは珍しい。同信金の三田本部(三田市けやき台1)で開かれた贈呈式には7市町のトップが出席し、同信金の社会貢献活動に感謝した。

 同信金は1969年10月1日、氷上信金と多紀郡信金が合併して発足した。50年の節目を前に約2年前から内部の委員会で検討し、高齢化が進む地域に役立てたいと車いすの寄贈を決定。100台を上限に、各市町が希望した数を贈った。

三田の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ