三田

  • 印刷
動画一覧へ
仕上げ作業に取り組む兵庫昭和会のメンバー=はじかみ池公園
拡大
仕上げ作業に取り組む兵庫昭和会のメンバー=はじかみ池公園

 老朽化を理由に兵庫県三田市のはじかみ池公園(あかしあ台5)で公開が中止されている旧国鉄の荷物車「マニ50形」の塗り替えが14日に完了し、現役時代の輝く青色を取り戻した。

 作業は県塗装工業協同組合の青年部「兵庫昭和会」が無償で実施。4~6日にさびや古い塗膜を剥がして国鉄の指定色「青15号」を下塗りし、仕上げの作業は台風19号の影響で12日の予定を14日に繰り下げた。

 鉄道愛好家や子どもたちが見守る中、同会の8人がブラシやペイントローラーで外板を塗り、最後は小さなはけを使って窓の柵、枠の隅々まで青色にした。

 同会長の真岡良光さん(44)は「子どもが集まって、活気があふれる場所になってほしい」と話した。市は見学設備を改修し年内の公開再開を目指す。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ