三田

  • 印刷
退団の経緯を語る山崎章弘氏=兵庫ブルーサンダーズ事務所
拡大
退団の経緯を語る山崎章弘氏=兵庫ブルーサンダーズ事務所

 野球の関西独立リーグチーム、兵庫ブルーサンダーズ(ブルサン)の山崎章弘監督(58)が13日で退団し、来季からプロ野球巨人の巡回打撃コーチに就任する。山崎氏は同日、高次2の球団事務所で会見し、2011年の創設時から関わったブルサンに感謝した。

 山崎氏は育英高(神戸市)出身で、1979年から巨人で捕手としてプレー。引退後は日本ハムや中日のコーチを経て、11年からブルサンのコーチ、13~16年と19年は監督を務めた。16年のドラフト会議では、指導した選手が巨人に指名され、同リーグから初めて日本プロ野球機構(NPB)に選手を送り出した。

 巨人からの打診は10月25日。経験のない打撃コーチという役割に驚きつつ、悩んだ末に「古巣に帰れるのは誇り」と決心した。NPB入りの夢を追うブルサンの選手たちには同30日、「いつまでも野球は続けられない。2、3年が勝負。悔いを残すな」と激励した。

 2、3軍の選手の状態を1軍に伝える巡回コーチは米大リーグで重視され、日本でも採用が進む。会見前の午前には、宮崎県の巨人のキャンプ地を訪れたという山崎氏。「ユニホームに袖を通すと、巨人に入団した時のように気持ちが高揚した。三田での経験を生かしたい」と話した。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ