三田

  • 印刷
蒸し上がった米まんじゅう=三田市駅前町、松栄堂
拡大
蒸し上がった米まんじゅう=三田市駅前町、松栄堂

 兵庫県三田市の冬の名菓で年に1度しか味わえない「米(よね)まんじゅう」が13日、市内の複数の和菓子店で売り出された。見た目も華やかで、ほおばるとなんとも優しい甘みが広がった。

 いずれの店も15日に三田駅周辺で開かれる「三田あきんどまつり」終了まで3日間販売する。由来は分からないが、かつて駅前商店街で続いた「誓文払い」の名物だったといい、今もこの時期だけ販売する慣習が続いている。

 駅前町の「松栄堂」では、早朝から松村治雄代表(78)が米粉の皮でこしあんを包み、ピンク、緑色に染めたもち米をひとつまみ載せて蒸しあげると、多くの客が買い求めた。

 1個130円。松栄堂TEL079・563・7352、西村清月堂三輪本店TEL079・562・0345、きねや菓舗TEL079・562・2233

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 26℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

お知らせ