三田

  • 印刷
売り上げの一部が犯罪被害者支援に使われる自販機を設置した今垣均さん(右)=三田市
拡大
売り上げの一部が犯罪被害者支援に使われる自販機を設置した今垣均さん(右)=三田市
売り上げの一部が犯罪被害者支援に使われる自販機を設置した今垣均さん(右)=三田市
拡大
売り上げの一部が犯罪被害者支援に使われる自販機を設置した今垣均さん(右)=三田市

 兵庫県三田市内で初めて、売り上げの一部が犯罪被害者支援に使われる自動販売機を設置したとして、三田署はこのほど市内の不動産賃貸会社「今垣建材」に署長感謝状を贈った。

 裁判所に出向く被害者や家族に付き添う相談員の交通費を捻出しようと、ひょうご被害者支援センター(神戸市中央区)が2009年に仕組みを導入。県内で同様の自販機設置は今回で81台となり、昨年度は約160万円の寄付があったという。

 同社長で三田交通安全協会長でもある今垣均さん(66)=三田市=は11月、センターの取り組みに協力しようと所有するマンションの敷地にある自販機を支援型に切り替えた。今月16日、同署の道家利幸署長から感謝状を受け取り、「被害者支援に少しでもつながっていけばうれしい」と話した。

 ひょうご被害者支援センターは自販機の設置協力を募っている。同センターTEL078・362・7512

(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(2月29日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ