三田

  • 印刷
うどとワカメとイカの酢味噌和え(料理教室「むぎ」主宰、三宅幸子さん提供)
拡大
うどとワカメとイカの酢味噌和え(料理教室「むぎ」主宰、三宅幸子さん提供)

 酢みそでさっぱりとあえます。地元では定番中の定番。(料理教室「むぎ」主宰、三宅幸子さん=兵庫県三田市)

 【材料】(4人分)

 ウド100グラム、干しワカメ5グラム、イカ0・5杯、酢みそ(白みそ100グラム、砂糖大さじ2、酒大さじ2)練りからし小さじ1、米酢大さじ2~3

 【作り方】

 (1)ウドはタワシでこすって洗い、約4センチに切って皮をむく、薄切りして酢水(分量外)にさらし10分で上げる。ワカメは水で戻し2センチに切って熱湯をかけ、すぐに水につけ水切りして、色よく冷ます。

 (2)イカは皮をむいてきれいに洗い、熱湯にさっと通す。氷水に取り、冷えたら薄く切る。

 (3)鍋に酢みその材料を合わせて入れ、火にかけて弱火で練る。火が通ったら火を止め、練りからしと酢を混ぜる。

 (4)器に(1)と(2)を彩りよく盛り(3)の酢みそをかける。

※2月18日付三田版で三田うどのレシピ数点を掲載すると、予想以上の好評をいただきました。三田の特産食材を生かした料理を随時紹介します。また、おいしい食べ方のレシピや写真をメール(hokusetsu@kobe-np.co.jp)や、郵送(〒669-1513 三田市三輪2-1-9 神戸新聞北摂総局)で募ります。

三田の最新