三田

  • 印刷
持ち帰りができる料理を紹介する「もっと三田を盛り上げ隊」のページ(フェイスブックより引用)
拡大
持ち帰りができる料理を紹介する「もっと三田を盛り上げ隊」のページ(フェイスブックより引用)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外食が敬遠される中、兵庫県三田市内の市民グループが、飲食店や食品販売店を元気づけようと、家に持ち帰ることのできる各店の料理をPRする企画を始めている。名付けて「三田テイクアウトプロジェクト」。18日時点で和食や中華料理、鉄板焼きなどの44店が参加。担当者は「おいしい料理を我慢せず、この機会に多くのお店を知ってほしい」と呼びかける。

 市民グループ「もっと三田を盛り上げ隊」が企画。先月27日の政府による休校要請をきっかけに、市内の飲食店では客足が遠のいた。さらに3月は歓送迎会シーズンに宴会自粛ムードが重なり、キャンセル人数がおよそ200人になる店もあるという。

 プロジェクトはテークアウトできるメニューを、同隊のフェイスブックなどに掲載する。買いたい人は各店に直接電話して注文する。受付期限は料理によって「2日前」「前日」「当日」などと異なるという。

 同隊の梅澤豊和代表(44)は「街のにぎわいがなくなる危険もある。持ち帰りを楽しんで、感染症が落ち着いたらお店に足を運んでほしい」としている。

 参加店もフェイスブックなどで募っている。プロジェクトは4月22日までの予定。(門田晋一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ