三田

  • 印刷

 作家の川上未映子さんが、大作家の村上春樹さんにインタビューする「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読んだ。その中で、読者を眠らせないためのたった二つのコツ-という題目が気になった。

 村上さんの小説でよく使われる比喩について書かれていた。「私にとって眠れない夜は、太った郵便配達人と同じくらい珍しい」。米国小説家の言葉を引き合いに出し、「へぇ!って思うじゃないですか。そう言えば太った郵便配達って見たことないよな」と村上さん。“生きた文章”について語っていて、とにかく「読者が読み飛ばすようなもの」は書いちゃいけないと力説されていた。

 なるほど~と思う一方で、ふと考えた。小説と新聞は違うけれど、私が担当する三田版は毎日、最後の一文まで読んでもらえる記事を書けているかなあ。もっと頑張ろうと背筋が伸びるような。そして、ちゃんとできているか不安で胸がちくっとするような…。

 4月1日からたつの支局に異動します。3年間、皆さんのお眼鏡にかなう仕事ができたかは分かりませんが、私としては地域の人にたくさん教えてもらって何とかやってこられました。ありがとうございます。

 後日、三田版での最後の連載「戦争って何?」の第2部をお届けします。今、姫路駅方面に向かう電車の中で、メロンパンをくわえてパソコンとにらめっこ中。最後の一文には、まだ遠そうですが…。(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ