三田

  • 印刷
旧式のうずまき鉛筆のダース=全国学校用品提供
拡大
旧式のうずまき鉛筆のダース=全国学校用品提供
旧式の「うずまき鉛筆」=全国学校用品提供
拡大
旧式の「うずまき鉛筆」=全国学校用品提供
進化したうずまき鉛筆=全国学校用品提供
拡大
進化したうずまき鉛筆=全国学校用品提供

 新年度が始まり、もうすぐ入学式シーズン。そこで兵庫県三田市のホームページを見ると、あかしあ台小学校(同市あかしあ台2)の「入学時に用意するもの」という欄に目が留まった。筆箱に、うずまき鉛筆4本、赤鉛筆1本、消しゴム1個…。え、うずまき鉛筆? 軸がとぐろを巻いているのか、芯がソフトクリーム状なのか。一体、どんな鉛筆なのだろう。(喜田美咲)

 同校に聞くと、「軸にらせん状の溝が入った鉛筆のことです」と教えてくれた。溝に指を沿わせて握ると、正しい鉛筆の持ち方が身に付くという代物らしい。

 実物を見てみたい! しかし、三田駅周辺の文具店を探しても見当たらない。足を延ばして神戸市で最大級の文具店ナガサワ文具センター本店(神戸市中央区)に行っても「お取り寄せが必要です」と言われた。

 実は、うずまき鉛筆はあかしあ台小学校で必須用具から外されていた。「数年前から鉛筆は指定していないんです。ホームページを書き換えるのを忘れていました」。なんでも、その角がない形状のせいでコロコロと机上を転がり、床に落ちやすいために使わなくなったという。

 教材から文具までを扱う「全国学校用品」(東京都渋谷区)に聞くと、1980年代にうずまき鉛筆は売れ筋だったが、最近は低迷気味。ここ数年は未就学児には三角鉛筆、新1年生には六角鉛筆が主流という。

 ただ、うずまき鉛筆も生産は続き、同社では「ゆび8くん」の名前で販売している。らせん状の溝に加えて、指を固定するホルダーも付き、紙に対して鉛筆の角度が一定に保てるという進化を遂げていた。

 三田市教育委員会によると、小学校で使う鉛筆に統一したルールはなく、各学校が児童の学びやすいよう模索している。鉛筆については形状だけでなく、濃さを「2B」に指定する学校もあるという。薄い鉛筆は筆力がいる上、消しゴムで消しにくいためだ。

 ちなみに、宝塚市立小学校に通っていた同僚の男性記者(28)は「うちでは三角鉛筆が必須だった」と振り返る。そう言えば、23歳の私も明石市立小学校に入学した時、鉛筆にはめて使うゴム製の「グリップ補助具」を学校から配られたことを思い出した。

 私はお箸の持ち方はだめだけれど、鉛筆は大丈夫。日々、ペンを走らせる仕事に就いて今、丁寧に教えてもらったことがありがたい。

三田の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ