三田

  • 印刷
下向きに生えた桜の枝=三田市貴志
拡大
下向きに生えた桜の枝=三田市貴志
頭上をトンネルのように覆う桜=三田市貴志
拡大
頭上をトンネルのように覆う桜=三田市貴志

 兵庫県三田市内で桜が見頃を迎えた。ピンク色が鮮やかに野山を彩る「ソメイヨシノ」は、おおむね30年前に市内各地に植えられたとされる。人間で言うと30代は働き盛りだが、この種はちょっと病弱で、60歳ごろには枯れてしまう恐れがあるらしい。健康具合はどこで分かるのだろう。そこで樹木医の小西朋裕さん(51)に診てもらいながら歩く“お花診”巡りをしてみた。

■下向きの枝 SOSのサイン

 樹木医の小西朋裕さん(51)と三田市内の桜を巡っている。貴志地区の武庫川沿いに連なるソメイヨシノの枝はアーチを描き、まるでピンク色のトンネルだ。

 よく見ると、一部の枝が川面に向かって少し下向きに伸びている。頭を垂れたような姿に風情を感じていると、「三田ならではの『土』が木の勢いを奪っている可能性があります」と言う。一体、どういうこと?

 木は通常、幹を安定させるための太い「支持根」を土中に下ろし、そこから少し細い「吸収根」を広げて水分や養分を吸収する。地上では、枝を四方に張って「扇形」に近づく。扇形を目指すのは、効率の良い光合成ができることに加え、風を受け流せるようにして倒れるのを防ぐためだ。

 しかし、三田の土は腰の強い粘土質なのが特徴で、木の支持根が深く入らず、幹がぐらぐらになりやすい。このため、木が倒れるのを恐れて上向きに成長できず、枝を下向きに伸ばして重心を保っているのだという。

 さらに続けた。「この土のままだと今後、木が酸欠になる恐れもあります」

 粘土質の土は人が歩いて踏み固めると、土中に空気や水が通りにくくなる。すると、木は土中で空気を求めて吸収根を地上すれすれまで伸ばすが、呼吸ができなくなると、やがて木は枯れる。足元に目をやると根が土から顔を出している。なんだか、あっぷあっぷする姿が目に浮かんだ。

 改善するにはふかふかの土に入れ替えたり、休眠に入る冬場に土を耕したりして、酸素が行き届きやすい環境をつくってあげる必要があるそうだ。

 「木に勢いがなくなると枝も下向き気味になる。人の心と似たようなものでしょうか」(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ