三田

  • 印刷
水神祭で豊作を祈る水利組合の役員ら=三田市母子
水神祭で豊作を祈る水利組合の役員ら=三田市母子

 農業用水路に水を通し、今年の稲作の幕開けを告げる「母子大池水神祭」が5日、同池堤防脇のほこら(兵庫県三田市)であった。水利組合の役員ら約20人が出席し、豊作と農作業の安全を祈った。参加者は神事の後、スコップを手に水路にたまった落ち葉などを取り除いた。

 水神祭は池が完成した1933(昭和8)年から欠かさず続く。昨年は台風が少なく、水路への大きな倒木はなかったという。組合で「水当番」を務める藤本昌司さん(62)=三田市=は「水路はひび割れなどで応急処置の連続だが、今年も水を通せてよかった」と笑顔だった。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ