三田

  • 印刷
新型コロナウイルスの絵とともに自粛を呼びかける看板=三田市小野
拡大
新型コロナウイルスの絵とともに自粛を呼びかける看板=三田市小野
新型コロナウイルスの絵も描かれる看板=三田市下青野
拡大
新型コロナウイルスの絵も描かれる看板=三田市下青野

 「自粛 特に県外から」-。兵庫県三田市小野の青野ダム湖畔にある公園付近に、そんな文言を大きく書いた看板が二つ張られていた。新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけたとみられるが、県市の条例は無断で公共の場に張り紙をすることを禁じている。会員制交流サイト(SNS)上では自粛を強要するような行動に出る人を「自粛警察」と呼んで問題視する動きもある。看板を書いた当事者、そして実際に県外から来る人はどう思っているのか。(門田晋一、喜田美咲)

 看板はいずれも高さ約50センチ、幅約1・5メートルで段ボールの上に紙を張って書いたとみられる。ウイルスの絵も描いて、フェンスや案内板横に張りだしていた。

 書いた高齢男性を見つけ、話を聞くことができた。

 「自分の身を守るためには声を上げなければいけないと思った」。政府が4月7日に緊急事態宣言を発令しても他県ナンバーの車で来て集団で釣りをしたり、バーベキューをしたりする客が絶えず、憤りを抑えられなかったという。

 実際、市にも4月27日~今月1日に同様の苦情や問い合わせが約20件寄せられていた。「京都や大阪ナンバーの車が来ている」「先週よりも人が多くなっている」…。看板は市などが既に撤去したが、担当者は「気持ちは分かるので、ルールは守ってほしい」とし、客側にも「密集状態は控えてほしい」と呼びかける。

 今月2~6日には市内の公園駐車場23カ所を全て閉鎖。同ダム周辺の5公園でバーベキューを禁止し、不正使用がないかパトロールも始めている。

     ◇

 SNS上では、県外ナンバーの車を排除したり、営業中の店舗などに休業を求めたりするために強引な手段をとる事例報告も相次いでいる。

 実際に大阪府から市内の公園に来てピクニックをしていた40代女性は「墓参りのついでに来たので、車のナンバーだけで攻撃するのはどうかと思う」。隣町の神戸市北区から来た40代男性は「わざわざ県外から来るのはどうかと思うけれど、当人を怒らせても意味がない」と話した。

 大阪から仕事で通う人も多く、県立施設で働く30代男性は「電車より安全と考えて車通勤にしたが、いたずらは防ぎようがない。相手の背景を思う力を持ってほしい」と理解を求めた。

 店舗にも不安の声が広がる。市街地にある飲食店の50代女性オーナーは県の要請の範囲内で営業を続けている。「SNS上では無理やり休業させるために『店主が新型コロナに感染した』というデマを流す人もいると聞いた。ただでさえ客が減っているのに、そんなことをされたらかなわない」と心中を打ち明けた。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ