三田

  • 印刷
プロジェクトで寄付を呼び掛けるチラシ(市社会福祉協議会提供)
拡大
プロジェクトで寄付を呼び掛けるチラシ(市社会福祉協議会提供)

 兵庫県三田市社会福祉協議会は、新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛したり、面会ができなかったりする老人ホームや福祉事業所のほか、支援が必要な人にアサガオを届けて勇気づける企画「届けようあさがお つなげよう笑顔 ハッピープロジェクト」を始める。6月9日までクラウドファンディング(CF)で寄付を募る。

 市社協によると、市内の介護施設は新型コロナの感染を防ぐため、家族や来訪者の面会を禁止している。独居のお年寄りや障害のある人は外出を控えて引きこもりがちになり、市内の団体も演奏や傾聴といったボランティア活動ができない状態という。そこで「愛情」や「固い絆」といった花言葉を持つアサガオを贈って元気づけようとプロジェクトを立ち上げた。

 寄付額が千円の場合は指定した施設に種を贈る。3千、5千円は支援が必要な人に鉢植えを渡す。いずれも応援メッセージを添えることができ、人・施設からの感謝状と、社協のマスコットキャラクターが描かれたステッカーが届く。5千円の寄付者には兄弟デュオ「ちめいど」が今回のプロジェクトに向けて作った曲の限定CDもプレゼントされる。

 寄付はCFサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で近日中に受け付ける。開花の様子は写真に収めて8月下旬に開催予定の「さんだボランティアまつり」か来年1月下旬の「市社会福祉大会」で披露する。市社協ボランティア活動センターTEL079・564・0410

(門田晋一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ