三田

  • 印刷
三田市役所
拡大
三田市役所

 兵庫県三田市は18日、市内で1人暮らしをする学生約2千人に、1人当たり約3千円分の食材セットを宅配すると発表した。新型コロナウイルスの拡大により、経済的に困窮する大学生らを支援する狙い。6月下旬の発送開始を目指す。またアルバイト先がない学生5人を、市が任期付き職員として週2~4日間雇用する。5月19日から募集を始める。(高見雄樹)

 「学生応援便」と名付け、食材の詰め合わせに応援メッセージを付けて宅配する。三田産の米や野菜のほか、レトルトなど加工食品も組み合わせ、学生が選べるようにする。

 市若者のまちづくり課によると、関西学院大学と湊川短期大学、神戸医療福祉専門学校(三田校)の学生合わせて約2千人が、親元を離れて市内の学生アパートなどで暮らしている。市は学校と協力し、送付先の確認などを進めるという。

 ただ、現在キャンパスを閉鎖している関学大は学生の所在を把握していない。4月下旬からオンライン授業が始まり、通信環境の整った実家に帰った学生も多いといい、確認に時間がかかる可能性もある。

 アルバイト先がない学生を市が受け入れる「学生支援緊急雇用」制度では、5月25日から採用する。時給は933円で、定額給付金の書類を確認する作業などを担当してもらう。勤務時間などは学生の希望を考慮し、期間は9月30日まで。

 「学生応援便」の事業費は880万円を見込む。市は新型コロナ対策として計4億4600万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を、6月5日に開会する市議会定例会に提出する。

 森哲男市長は会見で「6月中に学生の元に届けたい」と話した。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ