三田

  • 印刷

 -緊急雇用対策の学生が行う仕事内容は。

 「インターンシップのように市役所の補助業務を体験してもらう。福祉や市民生活など、内容は学生の希望を聞いて調整する。出勤日なども授業の状況を聞いて柔軟に対応する」

 -「学生応援便」について。オンライン授業が進み、1人暮らしの学生は実家にいる場合もあるが、所在の確認方法は。

 「大学の協力で確認していく。現時点の所在のみならず、市外から帰ってくるなど、今後の学生の行動についても大学と情報交換できればと思う」

 -実施時期は。

 「議会で承認が得られれば、6月に入ってすぐ実施できるよう、協賛事業者とも話を進めている。早急な実施に意味がある施策だと思うので、議会にも協力を求めていく」

 -「さんだエール基金」に積み立てる資金で、中止が確定したイベントは。

 「夏までに予定していた衛生対策が難しいイベントを考えている。具体的にはさんだファミリー・スポーツ・カーニバルや、東京五輪・パラリンピックの聖火リレー関連。秋以降の催しは市民の意見を聞いて判断する。住民サービスを削ることになるので、なんとか開催できないか総合的に判断したい」(まとめ・喜田美咲)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ