三田

  • 印刷
かわいい表情を見せるモリアオガエル=三田市大原
拡大
かわいい表情を見せるモリアオガエル=三田市大原
泡状でふわふわしている卵=三田市大原
拡大
泡状でふわふわしている卵=三田市大原
木でくつろぐモリアオガエル=三田市大原
拡大
木でくつろぐモリアオガエル=三田市大原

 兵庫県三田市内の水辺で珍しいカエル「モリアオガエル」が産卵を始めた。大原地区のため池では、木々の新緑が輝く中、水面にせり出した枝先にソフトボールぐらいの大きさになった卵の塊がぶら下がって風になびいている。

 モリアオガエルは、絶滅の危険が高まっているとして県版レッドリストのBランクに指定されている。県自然環境課によると、県内では淡路島以外でおおむね見ることができる。

 ため池は県立有馬富士公園の南側にあり、19日には枝にふわふわの卵が8個ぶら下がっていた。ほとりの木では2匹のモリアオガエルが木漏れ日を浴びながらくつろいでいた。

 近くの主婦(73)によると、雨上がりの早朝に卵を産むことが多いといい、例年10個以上を見つけるという。「カエルは近づいてもほとんど動かないし、表情もかわいい。卵がオタマジャクシになるまで観察します」とにこにこしていた。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ