三田

  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校中の兵庫県三田市立小・中・特別支援学校で21日、登校可能日が始まった。友だちや先生との約40日ぶりの再会に子どもたちが笑顔を輝かせた。

 市立学校の休校は今月末までだが22、29日を登校可能日とし、人数が多い学校は21、28日も加えた。

 21日は11校で登校があり、ゆりのき台小学校(ゆりのき台4)では児童約千人を地域別に振り分け、約490人が登校した。4年3組では窓を全開にして13人が1列おきに座り、下校前になぞなぞ大会をすると表情がほぐれた。

 女児(10)は「久しぶりで緊張したけど、友だちと会えて安心しました。早く学校で勉強がしたいです」と話した。(門田晋一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ