三田

  • 印刷
三田市役所
拡大
三田市役所

 兵庫県三田市は、高齢者・障害者施設への公的支援を拡大する。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、業務を続けてきたことに対する「応援支援金」を給付。感染予防のために家族と会えない入所者のために、「オンライン面会」ができるよう機器の購入費などを助成する。野菜や肉など地元産品も施設に届ける。(高見雄樹)

 支援金は市内で施設を運営する約100の法人に給付する。入居型は10万円、通所、訪問型は5万円など、提供するサービスごとに加算し、30万円を上限とする。総額は1200万~1300万円になる見通し。

 オンライン面会の支援は、特別養護老人ホームやグループホームなどの高齢者介護施設15カ所、障害者施設11カ所が対象。ビデオ通話アプリを使って入所者が家族の顔を見ながら話せるよう、タブレット端末などの購入費や通信環境の整備費を補助する。

 1施設当たり10万円を上限とする。支援金と合わせ、事業費の総額1490万円を盛り込んだ補正予算案を、6月5日開会の市議会定例会に提案する。

 さらに、福祉施設と農家、食品流通業者の経営を支援するため、施設に市内産の野菜や肉を提供する。15カ所の高齢者介護施設に入所する約950人と、10カ所の障害者施設に入所する約900人が対象で、1人当たり千円程度となる見込み。

 市は「集団感染の危険がある中、懸命に頑張っている福祉関係者を応援したい」としている。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ