三田

  • 印刷
「学生応援便」の焼き肉用三田牛400グラム=三田市提供
拡大
「学生応援便」の焼き肉用三田牛400グラム=三田市提供
三田ポーク1200グラム=三田市提供
拡大
三田ポーク1200グラム=三田市提供
シイタケとイチゴジャムなどのセット=三田市提供
拡大
シイタケとイチゴジャムなどのセット=三田市提供
旬の野菜とコシヒカリ5キロ=三田市提供
拡大
旬の野菜とコシヒカリ5キロ=三田市提供
黒毛和牛のローストビーフ300グラム=三田市提供
拡大
黒毛和牛のローストビーフ300グラム=三田市提供

 兵庫県三田市は17日、市内で1人暮らしをする学生に3千円分の食材セットを宅配する「学生応援便」の申し込み受け付けを始めた。約2千人が対象で、焼肉用の三田牛や三田産の旬の野菜など10種類の中から選べる。新型コロナウイルスの拡大で経済的に困窮する学生を支援しようと、市が880万円の独自予算を組んだ。期限は7月31日まで。(高見雄樹)

 食材セットは、市が一部の学生から聞き取った希望を市内の事業者に伝え、ふるさと納税の返礼品を手掛ける5社・団体が応じた。1セット3千円だが、市若者のまちづくり課は「どのセットも3千円分以上のものが詰まっている」とする。

 三田牛の焼き肉セットはモモ肉とバラ肉で計400グラム、三田ポークの焼き肉セットはモモ、バラ合わせて1200グラムを用意した。トマトやナス、オクラなど5種類以上の野菜に三田産コシヒカリ5キロを組み合わせたセットや、ハム、ローストビーフなど多彩な品ぞろえとなった。

 対象となる学生は関西学院大が1600人、湊川短大が100人、神戸医療福祉専門学校三田校が130人。市内に1人暮らしをしながら市外に通学する学生も申請できる。

 申し込みは市ウェブサイトの専用フォームに必要事項を記入し、学生証の画像を添付するだけで完了。翌日には業者に配送の手続きをするという。

 市が千人以上の大規模な申請をオンラインだけで受け付けるのは初めて。少ない人員で業務が進められ、商品が届くまでの時間を短縮する効果も見込める。

 1人暮らしをする地元出身の学生に郷土の味覚を届ける活動は、県内でも洲本市の有志や養父市が取り組んでいる。三田市のケースは少数派だが、同課は「市外で暮らす三田出身の学生が苦労していることは十分承知している。今回はまちづくりのパートナーである三田在住の学生を元気づけたいと考えた」と理解を求めた。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ