三田

  • 印刷
三田市役所=三田市三輪
拡大
三田市役所=三田市三輪

 2018年6月の大阪府北部地震で女児がブロック塀の下敷きになって死亡した事故を受け、兵庫県三田市が住宅や福祉施設などのブロック塀を撤去する費用を一部補助する制度を導入したところ、今年2月の受付締め切りまでに14件の申請があったことが分かった。

 撤去の補助は18年11月に始まった。対象となるのは、不特定多数の人が通行する道路に面し、建築基準法に適合していなかったり、ひびが入ったりして倒壊の危険がある高さ80センチ以上のブロック塀。撤去には国、県、市が費用の3分の2を補助するとしていた。

 市審査指導課によると、建物の建築後に塀を造る場合は建築確認の申請が不要で設置状況は把握できないという。広報紙や自治会の回覧板、市のホームページで呼び掛けたが、新たに柵や植え込みを作る金銭的な負担があるといった事情から、申請は伸び悩んだとみている。

 担当者は「緊急的な対策として短期の方が効果的だと判断した。撤去の補助を復活させることは現時点では考えていない」とした。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ