三田

  • 印刷
21日での閉店が決まった「宴 ふく助」=南が丘1
拡大
21日での閉店が決まった「宴 ふく助」=南が丘1

 兵庫県三田市内で居酒屋や飲食店など約20店舗を展開する「福助グループ」の本店「宴 ふく助」(南が丘1)が21日で閉店することが分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で団体客のキャンセルが相次いだことから決断した。

 同グループによると、同店は1998年に屋台から現在の場所に出店した。居酒屋から和食店へと業態を変えたり、送迎バスを運行したりして需要を広げていった。市内や神戸市北区の企業のほか、地域の老人会や自治会の利用が多かったという。

 今年はコロナ禍で会合や歓送迎会、法事といった大人数の利用が遠のき、客は通常時の2割にまで落ち込んでいた。

 同店の仕出し部門は今月22日から「福助仕出しセンター」に名称を変更して敷地内で続ける。飲食部門は屋号を「福助」に変えて三田市内で移転先を探している。空き店舗にはグループが7月中旬にラーメン店をオープンさせる予定という。

 福西文彦代表(52)は「新型コロナで打撃を受けたが、時代にあった店舗をつくってお客さまのニーズに応えたい」とした。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ