三田

  • 印刷

 読者の皆さんのご意見掲載コーナーです。

Q:政府が新型コロナの感染者を受け入れた医療従事者に20万円を支給するという記事を読みました。趣旨は分かりますが、感染しているかどうか分からない患者を受け入れている病院や診療所、消防の精神的負担も相当なものです。コロナ患者を受け入れたか否かで線引きすることには疑問を感じます。(神戸市北区、40代医療関係女性)

A:厚生労働省の医政局医事課に聞きました。

 本年度第2次補正予算で医療従事者に対して最大20万円の慰労金が支給されることになりました。20万円の対象は、感染者を診療したり入院させたりした医療機関、PCR検査センターで働くスタッフらです。

 慰労金は自分が感染するかどうかという不安よりも、重症化しやすい高齢者らにうつしてしまうという精神的な負担への慰労を重視しました。感染者が出たところの方が感染リスクは高く、精神的負担は大きくなると考えています。

 ただ、病床を確保していたのに受け入れがなかった場合にも、来ることに備える精神的負担があったとみて10万円を計上しました。感染者を受け入れていない診療所などは5万円です。介護施設や障害者福祉施設も同じ考え方で、感染のリスクに応じて金額を設定しました。

 消防署や保健所で働く公務員については、東日本大震災など特定大規模災害に従事した場合に支給される「特殊勤務手当」があり、今回は新型コロナウイルスに対処するための人事院規則が追加されています。

三田の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ