三田

  • 印刷
三田産の食材を中心としたレシピを提供するレストランの店内=パスカルさんだ一番館
拡大
三田産の食材を中心としたレシピを提供するレストランの店内=パスカルさんだ一番館
開店のテープカットをする来賓ら=パスカルさんだ一番館
拡大
開店のテープカットをする来賓ら=パスカルさんだ一番館

 JA兵庫六甲の直販所「パスカルさんだ一番館」(兵庫県三田市川除)に17日、イートインコーナーを併設したレストラン「一粒万彩(いちりゅうまんさい)」がオープンした。三田産の新鮮食材を使った和食メニューを用意し、近く三田牛の牛丼も売り出す。今後も三田うどや太ネギを使った料理など特産品のメニューを考案し、年間100万人の買い物客に向けて三田の食の魅力をPRする。(門田晋一)

 レストランは入り口脇にあり、座敷やテラス席を合わせて86席ある。屋号は1粒のもみからいくつも実を付けた稲穂になるという意味の「一粒万倍日」に着想を得た。

 提供するのは天ぷらそばやカツ丼など約30品目。地元農家が同店に出荷した朝取れの野菜や三田ポークを使い、ご飯には三田産のコシヒカリを使う。JA兵庫六甲と協力して、三田の特産品を使った独自メニューの開発にも乗り出す。

 JA兵庫六甲によると、レストランは2年半前にあった焼き肉店が閉店し、利用客から飲食施設を求める声が多く寄せられた。当初はサラダバーをメインにした店を予定したが、新型コロナウイルス感染症の拡大で計画を見直したという。

 開店式典には約20人が出席。来賓の森哲男市長は「三田の食の安全と安心を提供し、にぎわいの拠点になってほしい」と激励した。

 レストランの酒井寿(ひさし)店長(69)は「取れたての三田の農産物を通じて、多くの人に喜んでもらえるような店にしたい」と意気込む。午前11時~午後9時。木曜休み。一粒万彩TEL079・556・5588

三田の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ