三田

  • 印刷

 兵庫県花「ノジギク」など1500種以上の草花を命名した植物分類学の父といえば牧野富太郎博士です。年老いるまで全国各地の野山を渡り歩き、新種を見つけ続けました。「雑草という名の草はない」。心の底から自然を愛していたのでしょう。

 私の故郷・高知が生んだ偉人の足元には到底及ばないものの、新しい話題を届けたいとこの2年5カ月は昼も夜も関係なく走り回りました。とっくに30歳を過ぎていたことにも気付かないぐらい夢中で、単なる赴任地だと思っていた三田にいつの間にか愛着があふれていました。

 旧市街地、農村、ニュータウン。それぞれ地域の特色は違えど、住む人たちはみんな温かかったです。「楽しい記事やったよ」「あんなこと知らんかったわ」。そんな言葉が前に進む力をくれました。時々、総局に届いたおしかりの電話やはがきの一つ一つが教訓になりました。

 8月1日から東播支社に異動します。三田での心残りがあるとすれば、ベッドタウンとして発展した街の今後を深掘りできなかったことです。新天地では皆さんに育てていただいたご恩を忘れずに頑張ります。また会いましょう。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ