三田

  • 印刷
久しぶりの晴れ間で元気に花を付けるヒマワリ=三田市三田町
拡大
久しぶりの晴れ間で元気に花を付けるヒマワリ=三田市三田町

 近畿の梅雨明けが遅れる中、兵庫県三田市では断続的に降り続いた雨が30日昼間にあがり、久しぶりに晴れ間が広がった。同市三田町の武庫川沿いではヒマワリがすくっと背を伸ばし、雲間からのぞく太陽に向かって元気に花を咲かせていた。

 気象庁は九州北部や中国・四国地方で30日午前、平年より10日前後遅い梅雨明けを発表した。近畿地方は平年7月21日ごろとされるが、既に9日ほど遅れている。

 三田市では26日から雨が途切れ途切れに降り続き、30日午後2時に青空が見えると、気温30.5度の真夏日となったが、約1時間後には雷を伴う雨が降り出した。

 近畿地方は6月10日に梅雨入りして間もなく2カ月になる。梅雨が明けるといよいよ気温が高い日が続くとみられ、日本気象協会が熱中症への注意を呼び掛けている。(喜田美咲)

三田の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ