三田

  • 印刷
盆の帰省などに関して市民に呼び掛ける森哲男市長=三田市役所
拡大
盆の帰省などに関して市民に呼び掛ける森哲男市長=三田市役所

 7月中旬から兵庫県三田市内で新型コロナウイルスの感染者数が再び増加していることを受け、森哲男市長は11日の定例記者会見で、県境をまたぐ不要不急の移動を自粛するよう呼び掛けた上で「帰省する親族を迎え入れる際は感染対策を徹底してほしい」とした。

 市内では5月中旬から1カ月以上感染者が確認されていなかったが、7月14日以降は増加傾向で、およそ2、3日に1人というペースが続いている。最初に感染者が確認された3月6日以降、8月11日時点で感染者数は計23人となった。

 市長は、市境をまたいで帰省する場合も、迎え入れる場合も「家族でよく相談してほしい」とし、マスク着用、小まめな消毒といった対策の重要性を強調。発熱などの症状がある場合は移動を控えるよう呼び掛けた。(小森有喜)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ