三田

  • 印刷
三田市役所前に設置された市議選を啓発するのぼり=同市三輪2(撮影・喜田美咲)
拡大
三田市役所前に設置された市議選を啓発するのぼり=同市三輪2(撮影・喜田美咲)

 10月4日投開票の兵庫県三田市議選は、9月27日の告示まで残り1カ月を切った。立候補者は過去最多だった前回(2016年)の32人を上回る見通しで、各陣営が選挙準備を急いでいる。8月28日には安倍晋三首相が突然の辞意を表明。政治への注目が高まる中、「市議選にも何らかの風は吹くのか」と、立候補予定者は動向を注視する。市選挙管理委員会は同日、選挙の啓発活動を始めた。

 市議選(定数22)には現職20人、元職3人のほか、10人以上の新人が立候補を目指している。駅や主要交差点に立ったり、選挙事務所の開設に向けて準備したりする動きも目立ってきた。

 こうした中、突然伝わった安倍首相の辞意に、立候補予定者らは驚きを隠さなかった。自民党籍を持つ予定者は「選挙には風が吹くものだが、首相の辞任がどちら向きの風になるのか、全く読めない」と語った。それでも「中央の動きと地方選挙は別。地元の選挙に集中したい」とした。

 党籍を持つ別の予定者も「市議選への直接的な影響はないが、コロナ対策の国の第2次補正予算が実行される段階に来ており、早くリーダーを決めて政権を安定させてほしい」とした。

 新人の予定者は市議選への影響は小さいとした上で「国政でも市政でも、今の時代に必要なものを考える政治家が必要」とした。

 市選管は同日朝から、市役所や駅前など市内24カ所に計約200本の選挙啓発のぼりを設置。市民センターや幹線道路の歩道橋などには、懸垂幕や横断幕など計11枚を取り付けた。

 また市議選の期日前投票所を告示翌日の9月28日~10月3日の6日間、市内2カ所に設けると発表した。市役所1階ロビーは午前8時半~午後8時、すずかけ台2の商業施設「えるむプラザ」2階は午前10時~午後8時。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ