三田

  • 印刷
装画を手掛けた教科書のイラスト。1年生用
拡大
装画を手掛けた教科書のイラスト。1年生用
装画を手掛けた教科書のイラスト。2年生用
拡大
装画を手掛けた教科書のイラスト。2年生用
装画を手掛けた教科書のイラスト。3年生用
拡大
装画を手掛けた教科書のイラスト。3年生用
げみさん(本人提供)
拡大
げみさん(本人提供)

 兵庫県三田市出身のイラストレーター「げみ」さん(31歳、本名・坂上祐斗さん)=東京都=が2021年度に出版される中学生向け国語の教科書の表紙絵を手掛け、三田市立中学校でも使われることになった。宮部みゆきさんら著名作家の装丁を任されるなどして活躍する。「ふるさとの子どもたちに教科書を使ってもらえて光栄です」と喜びを語った。(小森有喜)

 教科書は「新しい国語」(東京書籍)。学校生活に期待が膨らむ1年生用には桜、進路に悩む2年生用には踏切、卒業して羽ばたく3年生用には大きく広がる海と空を描いた。

 げみさんは弥生が丘出身。幼い頃から絵を描くのが好きで、有馬高校時代に画塾「アトリエエム」(高次1)で本格的に習い始め、毎日のようにデッサンの練習に明け暮れた。

 京都造形芸術大(現在の京都芸術大)に進んで日本画を専攻すると、イラスト投稿サイト「ピクシブ」でパソコンとペンタブレットを使った絵を描き、友人と競うようにして投稿するようになった。幻想的な風景の中に人物を配する構図が特徴で、ピクシブでランキング1位になるなどして人気を得ていった。

 卒業後も実家の喫茶店を手伝いながらイラストレーターとして活動していたところ、投稿していた作品が出版社の担当者の目に留まり、小説の装丁の仕事が舞い込むようになった。これまで250冊以上を手掛け、宮部みゆきさんや東野圭吾さん、赤川次郎さんら著名作家の作品にも多く携わる。今夏には人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」無料体験版のパッケージデザインを手掛けるなど活躍の場を広げる。

 三田市の教科書選定は数年に一度あり、来年度が見直し時期になった。市教委によると、学校関係者や有識者らでつくる「三田市教科用図書選定委員会」は採択を巡り、選考理由の一つに「活躍している地元出身者を知らせ、子どもに夢を持ってもらいたい」との意見があがったという。

 教科書の装丁として使われるのは4年間。げみさんは「人生で誰もが使う教科書というものに携われて、しかもそれが三田の子どもたちに使ってもらえるなんて、うれしい気持ちでいっぱいです」と語った。

<<げみさんから子どもたちへ>>

 高校までは自分の周りで絵をやっている人がほぼいなくて心細かったけれど、外の世界に出たら仲間がたくさんいた。皆さんも周囲に流されることなく、好きなことに打ち込んでほしいです。

三田の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ