三田

  • 印刷
初の公式戦で完封した樫谷そら投手=駒ケ谷運動公園野球場(提供)
拡大
初の公式戦で完封した樫谷そら投手=駒ケ谷運動公園野球場(提供)

 兵庫県内初の女子中学生硬式野球チーム「三田ヤング弘陵ジュニア」が13日、駒ケ谷運動公園野球場(同県三田市ゆりのき台1)であった初の公式戦を初勝利で飾った。チームは7月に始動。8月に出場予定だった全国大会が新型コロナウイルスの影響で中止になり、初めての公式戦だった。

 関西女子硬式野球連盟で、中学生主体の「フレッシュリーグ」の今季初戦。ピュアエンジェル(京都・大阪)に7-0で五回コールドゲーム勝ちした。

 三田は二回表1死満塁のピンチを併殺で切り抜けると、直後の攻撃で2点を先制。三回以降も小刻みに得点を重ねた。投げては先発の樫谷そら投手が5奪三振と相手打線を完封した。

 チームは地元三田の3人のほか、西宮や神戸、丹波などから集まった11人で構成する。同リーグは今季、3チームが出場して優勝を争っている。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ