三田

  • 印刷
コロナ対策の透明シートを張った期日前投票所で、1票を投じる人たち=市役所
拡大
コロナ対策の透明シートを張った期日前投票所で、1票を投じる人たち=市役所

 兵庫県三田市議選(10月4日投開票)の期日前投票が28日、市役所とすずかけ台2の商業施設えるむプラザで始まった。午後5時までに市役所で761人、同プラザで443人が投票を済ませた。市民グループによる恒例の「選挙割」も同日スタートした。

 期日前投票所は10月3日まで開設される。市役所は午前8時半から、同プラザは午前10時から投票できる。いずれも午後8時まで。

 選挙割は投票所で入手した「投票済証」を地域の協力店約30店舗で見せると、割り引きなどが受けられる仕組み。2014年の衆院選で始め、10回目となる。

 飲食店やコンビニでの飲み物サービスなどがある。期間は11日まで。えるむプラザでは、前回市議選で実施した投票済証と買い物券の交換サービスを、コロナ対策のため見送った。

 前回市議選(投票率49・02%)の期日前投票者数は市役所で7456人、えるむプラザが6603人。昨年の市長選(同54・74%)は各9443人、7475人だった。(高見雄樹)

【立候補者一覧】は、こちら

三田の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ