三田

  • 印刷
学校ごとに違うイラストも添えている
拡大
学校ごとに違うイラストも添えている
完成したぶじかえるを手渡す北摂三田高校家庭クラブの生徒=市役所
拡大
完成したぶじかえるを手渡す北摂三田高校家庭クラブの生徒=市役所

 兵庫県三田市内で暮らす子どもたちの交通安全を願い、市内の県立高校で家庭クラブに所属する生徒らが、カエルの折り紙約360個を作った。無事に“帰る”と掛けて「ぶじかえる」と名付け、やよい幼稚園(弥生が丘5)と三田つつじが丘認定こども園(つつじが丘北2)の2園の子どもたちに配られる。

 昨年から始まった取り組みで、折り紙づくりには三田祥雲館、三田西陵、北摂三田、有馬-の4校が参加。生徒各1人が数個ずつを折り、完成したカエルはお尻を押すと、ぴょこぴょこと跳ねるような動きをする。カエルのイラストを描いたカードを添えて袋に入れて贈ることにした。

 このほど、参加校を代表して北摂三田高校の小西こころ部長(16)、仲日菜多(ひなた)副部長(16)が市役所を訪れ、市職員と三田署員に手渡した。10月中に交通安全教室が開かれる市内2園で配られる。

 小西さんは「遊びながら交通安全を意識してほしい」と話していた。(小森有喜)

三田の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ