三田

  • 印刷
bbくらぶのメンバー。中央が羽田範子代表=ウッディタウン市民センター
拡大
bbくらぶのメンバー。中央が羽田範子代表=ウッディタウン市民センター
阿部洋子さんの作品「紡ぐ」
拡大
阿部洋子さんの作品「紡ぐ」
山本由美子さんの作品「一人舞台」
拡大
山本由美子さんの作品「一人舞台」

 兵庫県三田市に住む60~80代のカメラ愛好家の主婦7人が、このほど女性だけの写真同好会を立ち上げた。名付けて「bb(ビー・ビー)くらぶ」。「ビューティフル・ブライト」の頭文字を取り、「みんなでいつまでも美しく、若々しく輝こう」との思いを込める。第1回の作品展を同市けやき台1のウッディタウン市民センターで開いている。13日まで。(小森有喜)

 月に数回集まり、互いの写真を見ながら感想を言い合ったり、それぞれの愛機を携えて県内外に撮影に行ったり。時には互いがモデルになって撮影することもある。メンバーたちは「写真がより楽しくなった」と口をそろえる。

 三田市シルバー人材センターで数人が知り合ったのをきっかけに一緒に撮影に行くようになり、輪が広がると今年1月に会を立ち上げた。写真雑誌「日本カメラ」や兵庫県展で入選した経験のあるメンバーもいて、実力は折り紙付きだ。

 初の作品展には23点を選んだ。互いに推薦し合って決めたといい、日常では見過ごしてしまいそうな一瞬をさりげなく、独特の構図で捉えた作品が目立つ。

 早朝の青野ダム(千丈寺湖)の湖面に浮かぶ靄(もや)、障子に映った木漏れ日、水田に映った人のシルエット…。さらに、松葉づえで京都の町を歩く舞子さんなど、独特な視点も光る。羽田範子代表(80)=同市=は、着物の帯締めを結ぶ女性の手元だけを切り取った作品などを挙げて「女性ならではの着眼点も楽しんでほしい」と話す。

 今後も年に2回程度、展覧会を開いていく予定という。羽田代表は「女性がカメラに興味を持つきっかけになればうれしい」と話している。無料。午前9時半~午後5時(13日は同3時まで)。

三田の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 90%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ