三田

  • 印刷

 兵庫県三田市立高平幼稚園の保護者らが、市の幼稚園再編計画案は市民参加を定めた条例違反だと市オンブズパーソンに申し立てた問題で、市は16日までに、条例違反には当たらないとの調査結果を通知した。ただ今後、住民説明会が形式的に終わらないよう市にくぎを刺した。中学校の再編計画のように、必要に応じて地域代表や保護者を交えた協議会を開くことも提案した。

 市は8月の市立幼稚園再編案で、小野、母子、高平を志手原に統合した「志手原認定こども園(仮称)」を2024年4月に開園する計画案を示した。計画を突然知った保護者らは9月、「幼稚園再編のような重要計画は、企画立案段階から市民が参加すべき」として、オンブズ-に計画案の取り下げを要望していた。

 通知書によると、市は条例に定めた意見交換会を開き、再度の開催も約束。担当の子育て応援室はオンブズ-の聞き取りに「市長からは丁寧に、何度でも地域の方と話をするよう指示されている」とし、「市の対応が条例違反とまでは認められない」と結論づけた。

 一方、「市によって一方的に幼稚園再編が進められるとの(保護者側の)危惧(きぐ)は理解できる」と言及。幼稚園は重要な地域インフラであり「市民の意見を反映してもらいたいとする立場は、もっともな面がある」とし「市長等と市民が対等な立場で相互に意見交換する」場の開催を求めた。地域住民を交えた協議会の設置を例に「市民と十分に理解を深めて取り組んでもらいたい」と注文した。

 オンブズ-は市政への要望や苦情を調査し、必要に応じて是正を勧告する制度。14年に始まり、今年4月に弁護士の津田和之氏(57)=神戸市須磨区=と神戸大大学院教授の中川丈久氏(56)=神戸市東灘区=が就任した。今回は津田氏が担当した。

 保護者代表で申立人の牲川(せがわ)慶さん(48)は「市が対話を重視する姿勢になったことが確認できた」と前向きに受け止めた。ただ会員からは「市民が企画段階から関われるかどうかは、市長の裁量に委ねられるという解釈が示された」との声も上がった。

(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ