三田

  • 印刷
一定のテンポで麺を刻む参加者ら=永沢寺そば道場
拡大
一定のテンポで麺を刻む参加者ら=永沢寺そば道場

 兵庫県三田市永沢寺の永沢寺そば道場で30日、三田産のそば粉を使って年越しそばを打つ体験教室が始まった。市内外の家族連れたちが苦戦しつつも、個性豊かなそばを完成させた。

 20年以上続く年末の恒例行事で、2日間に40組が挑戦する。参加者は道場長の和田良三さん(79)から指導を受け、そば粉や水を混ぜて生地を作った。

 2ミリほどの薄さに伸ばして折りたたみ、専用の包丁とこま板を使って「トン、トン」と一定のテンポで刻んだ。

 和田さんによると今年のそばは台風被害もなく豊作だったが、新型コロナの影響で団体客がなく、消費は落ち込んだという。会場にはパーティションを設けるなどの対策がとられた。

 毎年夫婦で友人と参加している男性(57)=神戸市灘区=は「太さはバラバラだけど、『誰が切ったところかな』と考えながら食べるのも楽しい。かも鍋のしめにしたり、ざるそばにしたりします」と笑顔で話した。(喜田美咲)

三田
三田の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ