三田

  • 印刷
真剣な表情で次の手を考える参加者=ウッディタウン市民センター
拡大
真剣な表情で次の手を考える参加者=ウッディタウン市民センター
山下さんが集めたカードゲームの数々=三田市内
拡大
山下さんが集めたカードゲームの数々=三田市内

 「青の12」「じゃあ…青の8!」。兵庫県三田市けやき台1のウッディタウン市民センターで、なじみのないルールのカードゲームが繰り広げられている。参加するのは50代から70代までと幅広く、頭を使って楽しく健康に過ごすことを目標にしている。イベントは、名付けて「スマートカフェ」。毎回違った国内外のカードゲームや連想ゲームが楽しめる。週2回ほどの開催で、毎回定員の10人がほとんど埋まる。

 4日はドイツの「ブードゥープリンス」というゲームに挑戦していた。0~15のカードが2枚ずつ各6色あり、一番大きな数を出した人が他の人の出したカードを全てもらえる。もらった束を1トリックといい、2トリックを集めるとゲームから退出することになる。退出時に「他のプレイヤーが獲得しているトリック数」が得点になるというルールが特徴的で、すぐに退出すると得点は少なく、最後の2人まで残るとゲームオーバーになるため、いい頃合いで退出することが勝利の鍵となる。

 主催するのは、同市の山下義和さん(70)。知育教材に生かせるとして、あかしあ台小の児童とカードゲームで交流するボランティアをしていると2016年、まちづくり協議会から「地域でもゲームの会を開いてほしい」と依頼があった。現在はまち協の会のほか、自身で主催する会も開いている。

 ゲームは山下さんが日々探しており、ドイツやフランス、アメリカなど各地のカードゲームやボードゲームなどすでに50種類以上がある。4、5人向けのものが多く、山下さんがオリジナルのカードやルールを作り、10人用に改良している。参加者はみんな初めて知るゲームのため、まずはルールの説明や練習から始め、2回の会で一つのゲームをこなす。

 5年間、ほとんど参加しているという女性(76)=同市=は「トランプでできるゲームは覚えて家族でもやっている。ルールを覚えては忘れての繰り返しだけど、いつも楽しい」と話した。

 参加費は100~200円。(喜田美咲)

三田
三田の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ