三田

  • 印刷
生還した選手をハイタッチで出迎える八景中の選手たち=ゆりのき台中学校
拡大
生還した選手をハイタッチで出迎える八景中の選手たち=ゆりのき台中学校

 「三田市中学校総合体育大会」(神戸新聞社後援)が3日、兵庫県三田市内各地で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で代替大会となったため、2年ぶりの開催。この日は剣道や卓球、ソフトボールなど10競技が実施された。

 ソフトボールは2校が出場し、八景がゆりのき台を12-2(五回コールドゲーム)で破って優勝した。両チームは丹有大会に出場する。

 三田市内では長坂と藍のソフトボール部がなくなり、現在は2校のみとなっている。

 試合は2-2の同点で迎えた三回、八景が4点を追加。池上雛さんにランニング本塁打が飛び出すと、仲間たちがハイタッチで出迎えた。先発の3年大黒希華さんは伸びやかなフォームから速球を投げ込み、ゆりのき台打線を抑え込んだ。

 ゆりのき台も初回、内野ゴロの間に三塁走者をかえすと、二塁打と盗塁で三塁に進んだ走者が暴投の間に生還。この直前、八景に2点を取られていたが、すぐさま同点に追いつく粘り強さを見せた。ピンチの場面ではナインが円陣を組み、先発の3年黒田愛歩さんをもり立てる場面もあった。

    ◇    ◇

■ソフトボール(3日、ゆりのき台中)

 決勝 八景12-2ゆりのき台

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ