三田

  • 印刷
決勝戦で打ち合う深町真央さん(左)=ゆりのき台中学校
拡大
決勝戦で打ち合う深町真央さん(左)=ゆりのき台中学校

 「三田市中学校総合体育大会」(神戸新聞社後援)が3日、兵庫県三田市内各地で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で代替大会となったため、2年ぶりの開催。この日は剣道や卓球、ソフトボールなど10競技が実施された。

 昨年の新人大会に続き剣道女子個人で優勝を果たした。けやき台2年の深町真央さんは「最後は胴を抜かれても仕方ないと、思い切って面を打った」と笑顔を見せた。同校は男女そろって個人戦の頂点に立った。

 大学まで剣道をやっていた父の練習再開に合わせ、小学1年で剣道を始めた。この1年はコロナ禍でできる練習が限られたが、体幹を鍛え直した。「先輩たちと一緒に高め合えた」

 女子個人には24人が出場しており、「3年生ばかりで不安はあった」という。1試合目は先に面を打たれて焦ったが、試合前に仲間から受けた励ましを思い出した。「もし取られても大丈夫」と、落ち着いて相手を見て、胴を決めた。

 決勝は延長の末の勝利だった。「男子は部長が優勝を決めており、私も続きたいと思った。共に優勝できて良かった」

    ◇    ◇

■剣道(3日、ゆりのき台中)

 【男子】団体(1)狭間(2)上野台(3)三田学園▽個人(1)野村多來(けやき台)(2)森田大貴(上野台)(3)鍵和田悠(けやき台)、谷川輝(上野台)

 【女子】団体(1)狭間(2)けやき台(3)富士▽個人(1)深町真央(けやき台)(2)古本玲奈(狭間)(3)太田優花(富士)、和氣朋花(富士)

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ