三田

  • 印刷
里山の風景にたたずむ井本雅夫さんの作品「桜に宿る」=丹波篠山市今田町木津
拡大
里山の風景にたたずむ井本雅夫さんの作品「桜に宿る」=丹波篠山市今田町木津
出展した(左から)山木芳久さん、井本雅夫さん、伴直子さん、赤木政則さん=丹波篠山市今田町木津
拡大
出展した(左から)山木芳久さん、井本雅夫さん、伴直子さん、赤木政則さん=丹波篠山市今田町木津
山木さん撮影の「水もみじ」=丹波篠山市今田町木津
拡大
山木さん撮影の「水もみじ」=丹波篠山市今田町木津
赤木さん作の「海から天空へ旅立つ魚達」=丹波篠山市今田町木津
拡大
赤木さん作の「海から天空へ旅立つ魚達」=丹波篠山市今田町木津
伴さん作の「探り合い」=丹波篠山市今田町木津
拡大
伴さん作の「探り合い」=丹波篠山市今田町木津

 絵画や写真に取り組む三田、神戸市在住の作家4人による合同展が、丹波篠山市今田町木津の「画廊アートカフェ木津」で開かれている。そばにある林の中にも作品を展示しており、木漏れ日が差し込む空間で抽象画や写真作品を楽しめる。26日まで。

 三田市在住の画家伴直子さん(68)、井本雅夫さん(70)、赤木政則さん(71)と、神戸市北区の写真家山木芳久さん(72)の計4人が初めて企画した。

 4人は、所属している三田市美術協会で意気投合し、昨年12月にグループ「芸術家族」を結成。手掛けるジャンルや作風は異なるが、互いに作品を批評し合っており、合同出展を決めた。会場の画廊は、伴さんが昨年6月、空き家だった古民家をDIYで改修してオープンさせた。

 目玉は、敷地内の林に15点ほど作品を並べた「森のアート古道」。周辺では里山に人の手が入らなくなったことで、森と人里の境界線がなくなり、シカなどが下りてきて農作物を荒らす被害も増えている。「緩衝地帯として芸術作品を置くスペースをつくる」という伴さんの新たな発想で、今回初めて試みた。草を刈って動物よけの薬剤をまき、作品は複製を用意して防水加工を施している。

 柔らかな陽光が差し込む空間で、静かに作品に向き合う。屋内とは異なる雰囲気の中で、装飾画や抽象画、風景写真などが多彩に楽しめる。伴さんは「背景になっている木々も作品を引き立ててくれている。ゆっくり楽しんでほしい」と話している。

 無料。午前11時~午後5時。水曜定休。土日は地元農家の野菜を販売するほか、赤木さんによる子ども向けのワークショップもある。(小森有喜)

三田神戸丹波
三田の最新
もっと見る
 

天気(10月23日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

お知らせ