三田

  • 印刷
個性豊かな作品が並ぶ「三田市民きりえ展」=市総合文化センター・郷の音ホール
拡大
個性豊かな作品が並ぶ「三田市民きりえ展」=市総合文化センター・郷の音ホール

 切り絵愛好家の作品が並ぶ「三田市民きりえ展」が、市総合文化センター・郷の音ホール(兵庫県三田市天神1)で開かれている。小学生から高齢者までの幅広い年代が出品。三田の古い街並みや世界遺産「サグラダ・ファミリア」、漫画「鬼滅の刃」などを題材にした51点が並ぶ。20日まで。(土井秀人)

 「三田きりえフォーラム」が主催。1988年に始まり、今回で38回目となる。

 「冬のあまご釣り」と題した作品は色紙を使って表現した川や、葉をすっかり落とした木の様子から、冬の寒さまで伝わる。大阪城と高層ビル群の夜景を緻密に切り抜いた作品も目を引く。

 同フォーラム代表の畑徹二さん(78)は「風景や人物など人によってさまざまな得意分野がある。個性を楽しんで」と話していた。

 午前10時~午後5時(20日は午後4時まで)。同フォーラムTEL079・565・0656。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ