三田

  • 印刷
初の個展を開いた江嶋桂子さん=三田市駅前町
拡大
初の個展を開いた江嶋桂子さん=三田市駅前町
「ヴェネチアの初夏」
拡大
「ヴェネチアの初夏」

 切り出した型紙を何層にも重ねて立体的に見せる「シャドーボックス」の作家・江嶋桂子さん(62)=兵庫県三田市=が、自身初の個展を同市駅前町のスナック兼喫茶店「りんでん」開いている。

 シャドーボックスは、17世紀の欧州で流行した「デコパージュ」の技法の一つ。江嶋さんは30年ほど経験を持ち、現在は市内外の教室で約30人に教えている。

 花びらや建物などの型紙を切り出し、ピンセットを使って張り付けていく。仕上げにラッカーをスプレーすると、陶器のようなつやが出る。型紙はただ張るだけでなく、花びらは少しひねる、葉の部分は少し折り込むといった細かい作業も必要で、完成に1年ほど要する作品もあるという。

 細やかな手作業から生み出される奥行きが、江嶋さんの作品の特徴。会場には欧州の街並みや、花であふれた庭園を表現した作品などが並ぶ。

 11月2日まで。日・月曜定休。午前11時~午後4時。(小森有喜)

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 6℃
  • ---℃
  • 50%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ