三田

  • 印刷
寅の置物=三田市三輪
拡大
寅の置物=三田市三輪
釉薬を重ねて焼き、つややかな緑色に仕上げる=三田市三輪
拡大
釉薬を重ねて焼き、つややかな緑色に仕上げる=三田市三輪

 師走が近づき、2022年の干支(えと)「寅(とら)」をかたどった三田青磁の置物が、三輪明神窯史跡園(兵庫県三田市三輪)などで販売されている。

 三田青磁は江戸時代から生産され、昭和初期まで全国に広く流通。世界三大青磁の一つに数えられる。干支の置物は毎年完売する人気商品で、陶芸家の伊藤瑞宝さん(58)=下相野=が手掛ける。

 素焼きした後に釉薬(ゆうやく)を3度ほど重ね、約1250度の高温で焼くと、つややかで淡い緑色に仕上がる。いずれも50個限定の大・小サイズのほか、特徴を誇張したデザインの「モダン」も。迫力と躍動感のあるいでたちをしているが、表情には柔らかさも感じられる。

 大は2750円、小とモダンは1650円。三輪明神窯史跡園(月曜休み)のほか、パスカルさんだ一番館(川除)、三田ふるさと学習館(屋敷町)でも販売している。同園TEL079・563・8211

(小森有喜)

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ