三田

  • 印刷
煙の充満した部屋の歩きにくさを体験=三田市狭間が丘1
拡大
煙の充満した部屋の歩きにくさを体験=三田市狭間が丘1
集まった情報を地図に落とし込み対応を考えた=三田市狭間が丘1
拡大
集まった情報を地図に落とし込み対応を考えた=三田市狭間が丘1
情報を共有して救助や消火の方法を考える生徒=三田市狭間が丘1
拡大
情報を共有して救助や消火の方法を考える生徒=三田市狭間が丘1

 北摂三田高校(兵庫県三田市狭間が丘1)で昨年、南海トラフ巨大地震を想定した防災訓練があった。全校生が避難訓練に加え、神戸市消防局が考案した災害対応ゲーム「ダイレクトロード」を体験。救助や消火活動など、自分の身を守った後にできる助け合いの方法を学んだ。(喜田美咲)

 同校は防災アドバイザーとして神戸学院大学の中田敬司教授(62)=災害医療=を招き、毎年1回、避難と避難所運営の訓練に取り組んでいる。

 「ここは瀬戸内海の海辺の町」。校内放送でゲームの説明が始まると、生徒は5~7人のグループに分かれ、状況を把握しようと耳を傾けた。

 すでに南海トラフ巨大地震発生から15分が経過した段階で、地震から80分後には津波が到達する、との想定。避難するための20分を確保し、残りの45分で被害に対処するという。

 グループには住宅や学校が載った地図と、消火▽避難▽救護▽救助-の四つのミッションを記した紙が渡され、生徒それぞれが内容の異なるヒントカードを頼りに、対応を話し合った。

 「てこの原理で物を持ち上げたい」「バールは公園の倉庫にあるよ」「あて木に使えるのは…山下さんちの百科事典かな」。「井上さんが助けを求めてるって。どこやろう」「お寺の近く」。出た情報を組み合わせて場所を地図に落とし込み、解決していく。火事の初期消火やけがの応急処置に対しても、ある物や使える人を考えた。

 全てクリアできたグループもあれば、助けられずに終わったグループもあった。中田さんは「ゲームだったら『死んじゃった』で終わりでも、亡くなった人は帰ってこない。情報を早く正しく知り、判断して行動できるようにしてほしい」と話した。3年の女子生徒(18)は「情報をいっぱい話す人とそうでない人がいる。いろんな聞き方で引き出し、答えを見つけることが必要だと思った」と振り返った。

 そのほか煙の充満した教室の中を壁を伝って逃げたり、消火器で放水したりする体験もあった。

三田教育
三田の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ